トップページ > サービス/メニュー > 骨折について > ヒビ、剥離、疲労骨折、骨折、骨に力が加わり骨組織を損傷

ヒビ、剥離、疲労骨折、骨折、骨に力が加わり骨組織を損傷


骨折について
ヒビ、剥離、疲労骨折などの不全骨折を含め骨に力が加わり骨組織を損傷(折れる、割れる)してしまった状態です。
 転んでひねっただけかと思っていたけれど折れていた…なんてこともあります。
 ご存じでない方も増えてきましたが、接骨院でも骨折の対応(応急処置)を行うことができます。
骨折によりズレた骨の位置を戻し、しっかりとした(治癒に必要な)固定を施すことを国から認められています。

 この処置が早いほど痛みも軽減し、予後も良いとされています。
捻った、ぶつけたなどから「これは折れてるのかな?どこを受診したらいいんだろう…」と悩んだ際には、当院へご相談ください。

 状態を見てその後の対処を説明させていただきます。

 また骨折した際の対応だけでなく、骨折後の治療もできます。(これには医師の同意が必要となります)当院には顧問ドクターと連携していますので、ハイテクのエックス線撮影も同意も安心です。

 ハイテクアイシング、ハイテク微弱電流や、ハイテク超音波治療器などの物理療法を用いて骨がつくまでの期間を短くすることが可能です。
そして、固定期間が終わると今度はリハビリが必要になります。
 固定期間中は関節が動かせないので少なからず筋力・関節の可動域が落ち、だるさ疲労感が早く出たり、痛みが出ることも少なくありません。
 物理療法、手技療法を交えたリハビリができます。

 また、【骨挫傷】といい、レントゲン上骨折はないけど症状が骨折のものというものがあります。
 これは骨組織ではなく「骨膜」のみを痛めた状態で骨が柔らかく、骨膜の厚い子供さんに多い症状です。
骨挫傷の際には症状が軽快してくるのにある程度期間が必要なことも多いですが、※欧米諸国の直流微弱電流などを用いることで期間を短くすることが期待できますので、一度ご相談ください。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 大分県別府市 交通事故治療 整骨院「接骨院 大別府清水」ハイテク外来 All Rights Reserved.